増毛 費用

増毛の費用ってどれくらいかかるの?

増毛の費用ってどのくらい?

 

髪が薄くなってきたアナタ、増毛をお考えですか?
髪の毛が増える増毛、髪の毛が増えれば自分に自信もつきますし、外出が楽しくなるなど、様々なメリットがあります。

 

しかし…ご存知ですか?

増毛の費用って

 

 

 

■増毛は外科手術!しかも保険適用外で全額自己負担

 

■初回の手術に加え、定期的なメンテナンスが必要

 

■髪の毛を諦めない限り、100万円以上の多額の費用がかかる


 

「そんなにお金をかけれるわけない!!」「家族になんていって増毛の費用をだしてもらえばいいんだ…」
なんて方もたくさんいらっしゃると思います。そんな方にぜひ試していただきたいのが育毛剤!
当サイトでは増毛の費用よりもかなりリーズナブルなお値段で人気の育毛剤を紹介しています。

増毛の費用よりもリーズナブル!今使いたい育毛剤ランキングBEST3

 

増毛の費用よりもチャップアップ
発毛の専門家が認めたチャップアップ

チャップアップは発毛の専門家が「発毛力」を認めた育毛剤です。
育毛に必要なこと、それは頭皮環境を整え血行促進、発毛を促すこと。日々の頭皮ケアや食生活などの改善ももちろん大切ではありますが、さらに育毛・発毛効果を実感するためにも育毛剤は必須アイテム
増毛の費用よりも、かなりリーズナブルで、髪の毛が増えてくれるはずです。

 

全額返金保証、多くのメディアでも紹介されています
■初めての人も満足したい人もおまかせ!
老若男女問わず使用可能!

 

>>チャップアップの詳細はこちら!

 

増毛の費用よりプランテル
M字はげならプランテル

もしあなたがM字はげでお悩みでしたらプランテルにお任せください。
M字はげ専用に開発されたプランテルは、薄毛の原因である男性ホルモンを抑制し、血行促進
増毛の費用よりもかなりリーズナブルにあなたのM字はげを改善してくれるでしょう。
もちろん、自信があるから返金保証もあり、利用者満足度も高い育毛剤です。

 

M字はげならプランテル!
■初めての育毛剤でお悩みの方にもおすすめ!
育毛剤+サプリメントの併用者多数!

 

>>プランテルの詳細はこちら!

 

増毛の費用よりWAKA
生薬100%薬用育毛剤WAKA

2000年以上の長い歴史がある漢方薬、たくさんの種類がある中から育毛効果がある漢方薬をたっぷり配合、加水せずに生薬100%のまま製造・販売されている育毛剤がこちら、WAKAです。
有効成分をそのまま配合しているのが人気の理由のひとつ。
無添加・無香料・無着色、お肌が弱い方やニオイに敏感、副作用が不安という方にも安心してお使いいただけるように、購入後90日は全額返金保証があります。

 

厚生労働省が認可した薬用育毛剤
生薬100%薬用育毛剤はWAKAだけ!
24時間365日対応サポートセンター

 

>>WAKAの詳細はこちら!

増毛法にトライする前に知っておきたい費用

増毛にかかる費用

薄毛が進行してくると、毎日のヘアスタイリングでカバーするのが難しくなってきます。
必要以上にヘアセットに時間をかけた結果、髪に余計な負荷をかけてしまうこともあります。
そこで、確実に髪を増やしていける増毛法に興味をお持ちになる方も多いと思います。
テレビCMでもおなじみの大手サロンが思い浮かびますが、まずは技術面や費用面について予備知識をつけてから、しっかりと自分にあった増毛法を見つけたいものです。

 

特に気になる費用面ですが、初期費用とランニングコストをチェックすることがとても重要です。
増毛法の種類や本数など、施術方法の違いや本数や髪質といった個人差もありますが、最初の施術で必要とされる金額は、おおよそ5万〜15万円程度は見積もる必要がありそうです。

 

そして、見落としがちなのが、ランニングコスト(維持費)です。
多くの増毛法は、定期的なメンテナンスが必要になります。
具体的には、自毛に人工毛を結びつける方法等ならば、自毛の成長に合わせて結び目の位置を修正していくといった作業になります。

増毛にはランニングコストが欠かせない

このような定期メンテナンスは、髪ののびるペースにもよりますが、2週間〜1ヶ月毎に実施することで、きれいなヘアスタイルをキープすることができます。
この定期メンテナンスにかかるランニングコスト(維持費)は、月額で1万〜5万円程度必要と言われています。
具体的には、各サロンにて個別カウンセリングを受けることで見積もりを出してもらうことになります。

家計と増毛費用の話

増毛する場合は毎月メンテナンスを行う必要がある

最近、髪の薄さが目立ってきて悩んでいるという男性は、若い世代にも多く存在します。
あれこれ、育毛法にチャレンジしてみたけれど、あまり効果が感じられない場合は、増毛法という選択肢もあります。
カツラタイプであれば、本体の購入費用を見積もれば済みますが、自毛に人工毛を結びつけるタイプの増毛法になると、定期的にメンテナンスが必要となり、かなりの費用を見込まなくてはなりません。
そこで、増毛の費用を家計のどこから捻出するのかといったリアルな悩みが浮上してきます。

 

ちなみに、増毛法の場合、初期費用として5〜15万円程度、ランニングコスト(維持費)として月額ベースで1〜5万円程度が相場と言われています。

増毛をする前にかかる費用をチェック

サロンや施術方式による違いや、髪の生え方などの個人差による影響も大きい部分ではありますが、平均的なサラリーマンの年収の場合、増毛法による支出割合は、決して少なくないと思われます。

 

今まで、髪にかかる費用として、育毛剤&理容代が月に1万だったとします。
増毛法を始めた場合、それが、3倍や5倍の費用負担になるというのをしっかりと自覚しておきましょう。

 

独身男性でファッションや美容代の支出に余裕のある方はさておき、家庭をもったサラリーマンの場合、毎月のお小遣いの中でヤリクリするには、少々キツイものがあるかもしれません。
奥様や小さい子供のために若々しいパパでいたい、というのであれば、多少、家計から費用を捻出してでもということになるかもしれません。

 

 

≫ランキングに戻る!